LDK

 

1枚の写真でその空間のすべてを表現することは難しいですがさまざまなカットを撮影してより良い写真を選びます

写真の縦位置と横位置では同じ部屋でも印象が変わります。カメラの高さの違いも、写真の印象が変わるものです。高さ感や奥行き感により強調して表現したいこともあるかもしれません。空間の表現したいポイントを見極め、最適なアングルを探します。

強く差し込んだ光があるときは、非常に撮影しにくいものです。又、床の反射が効果的になる場合もあります。

光の状態を見て、時間の許す限り最適な撮影を試みます。

室内の撮影には超広角レンズが有効ですが、このような写真の場合では超広角レンズで撮影するとテーブルが歪み不自然に大きく写ってしまいます。そのような場合は標準に近いレンズで撮影し自然な描写を心がけます。

室内の撮影にはコントラストを抑えた曇りの日が適しています。強く差し込む光があると撮影しにくいものですが、

それを上手に使うことによって、メリハリがありシャープな印象の写真になります。

夕方に撮影するのも良いでしょう。

お申し込み・お問い合わせはこちらからmailto:fusephoto.net@gmail.com?subject=%E6%92%AE%E5%BD%B1%E4%BE%9D%E9%A0%BC%E3%83%BB%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B

fusephoto.net


〒950-0808 

新潟県新潟市東区海老ケ瀬新町4-28

photographer  布施貴彦|フセタカヒコ


メールでのお問い合わせ

fusephoto.net@gmail.com

電話でのお問い合わせ

TEL   080・4322・4496

 

▶︎撮影事例

・外観                     ・店舗・病院

・LDK                     ・庭園 

・玄関・階段            ・工事写真

・和室

・寝室・子供室

・サニタリー

・ディティール