fusephotoの仕事

 

外観写真は竣工間近、竣工後すぐの撮影が多く依頼されます。

出来たばかりの建物はすがすがしく、美しいですが植栽が未成熟で物足りないこともあります。

住宅は一夏超えてから緑が茂った時期にご依頼いただけると

自然と建築が調和した透明感のある写真が得られます。

内 観

内観写真では、光のコントラスト、素材の質感を忠実に撮影することを心がけています。

描写力に優れた大口径超広角レンズを使用します。

また、超広角レンズを使わないほうが良い場合もあります。

室内に奥行きがある場合は、標準レンズのほうが自然な描写の写真になります。

ディティール

建築のディティールはそのまま建築の質を物語るのではないでしょうか。

考えつくされた造作家具、建具、階段など材料の質感はもとより、

つくり手の想いが伝わる写真に表現します。

コントラスト

室内の撮影では特に、開口部の光と影の部分のコントラストが重要です。

暗部を入れて空間の雰囲気を想像させたり、全体に光が回るようにして隅々まで写し込む場合など表現の仕方は好みで分かれます。

外観撮影では、光のコントラストを押さえるため曇り空で撮影することが雑誌やカメラマンの間ではよく行われている手法です。

建物のイメージを明るく楽しいものにするためには青空が大切な要素になります。

晴れた日の撮影でも太陽の位置によっては空が真っ白に映ってしまうので出来るだけ撮影前に図面で方角を打ち合わせるのがよいでしょう。

質 感

土や石や木などの材料の質感を正確にとらえます。

大画面モニターや大判プリントで写真を見れば現地にいるような錯覚を起こすほどの臨場感のある写真になります。

高精細な画像なので、将来的に4K等のモニター環境の変化にも対応しています。

プレゼンテーションやポートフォリオには必須の上質な写真を丁寧に撮影します。

タイミング

その時期にしか撮れない美しい写真をとらえることが出来ます。

空の色、木々の彩り、紅葉など建築が最大限引き立つアングルを探し出します。

過去に作った作品、過去に写真に撮った作品をもう一度撮影し直してみませんか?

写真のアルバムをお施主さまにご覧いただいている事と思います。 

現在はブログやホームページで写真の利用方法が何倍にも広がり、その分写真の利用価値も大きく上がっています。

機材も日進月歩で進化し続けていますので昔撮った少々古くさいと感じる建築作品でも 新たに撮影し直すことで

堂々とホームページに掲載することが出来ます。写真が進歩したことで建築も生き返るのです。

夕景・夜景

建築の夕景、夜景は日中とはまた別の魅力があります。

自然の光と人工の照明のコントラストをうまく撮影できるタイミングをとらえます。

夕景・夜景撮影することは建築写真の価値をを倍増させてくれます。

外 観

グリッド

写真には構図があります。建築では柱、壁のライン、床、天井の水平等

建築のグリッドに対し正確な構図を選択して撮影します。

仕上げ材の模様、フローリングの木目、細かな点に配慮された訴求力のある写真を撮影します。

グラデーション

どれだけの光を流し込むか。

建築を表現するグラデーションは、光や影、素材の色

反射の色等によって大きく印象が変わります。

見る人に感動を与える素材感の際立つ写真を撮影します。

建築士の眼

建築家で写真撮影をされる方も多いですね。

写真を撮ることで対象を見る眼を養い、空間の感覚を磨くことができます。

また建築家でありながら建築写真家でもある方もいらっしゃいます。

私も建築設計活動の傍ら何十万枚という建築写真を撮影してきて現在に至ります。

fusephotoは建築士の眼による建築写真を撮影します。

建築設計の経験があるからこそ、設計者の視点から建築を撮影することができます。